前へ
次へ

求人広告に掲載されている言葉を読み解く

求人に関する相談をコンサルタントに行う事業者も少なくありません。
会社の業績は社長のテンションで決まる、そう話すコンサルタントもいます。
社長の目標設定、それを社員に発表している会社はそれほど多くはありません。
もちろん、年間売り上げ目標を掲げる会社は多いでしょう。
「ここで働きたい」と言わせるために、求人広告や求人情報を出しているのなら、どんな会社にしたいのかをハッキリさせましょう。
3年後に5店舗で5億円の売り上げなど、具体的に長期的な数字を決めることが大切です。
そこで働く社員のモチベーションが維持されます。
面接させて欲しいという求職者からの問い合わせも増えます。
離職すら考えなくなる可能性さえ大いにあります。
ですが、どう達成するのかというプロセスを考えなければなりません。
それが「どんな会社にしたいのか」、抽象的かもしれませんが、会社の理念、コンセプトに共感できる社員の集まりでなければ成し遂げられません。
これが求人広告にしっかり掲載されていれば、方向性がブレず、業界一、地域一などが達成できる可能性大です。

Page Top